こだわりのビジネス・アルバイト・転職


記事の内容

前へ | 次へ

雇用保険加入とは
2011/09/21 23:21

雇用保険加入とは、働かせる側と働く側が共に資金を出し合い働く者の休職時の金銭を保証する保険に加入しなければならないというものだ。
雇用保険加入とは国で決めたもので、働かせる側と働く側どちらも強制的に加入することが義務付けられている。
雇用保険加入とは働かせる側と働く側に雇用関係がなければならない、また、継続的に仕事をしている状態になければならないと確か定められていたように記憶している。

雇用保険加入とは雇われる側にも強制的に加入の義務が生じ、且つ、保険金の一部を負担しなければならない。
雇用保険加入をするとお金がかかる、それに手続きが面倒だといって加入をしないまま働くあるいは働かせるとしたらどうなるだろうか。
何度も言うが、雇用保険加入とは仕事を失った時でも金銭的不安定状態にならないようにするための保険なのだ。
もっとも、雇用保険加入をしたからといって必ずしも給付金をもらえるわけではない。
雇用保険加入期間が短い、自分で勝手に仕事を辞めてしまった、あるいは失業中にちょっとしたアルバイトした、仕事を積極的に探していない等々。
雇用保険加入をしていたにも関わらず、直ぐに給付金を貰えないということもありうるとの認識も必要だ。
会社が倒産するとか、急に人員整理で失職する等、突然仕事がなくなれば働く者側はたちまち収入が途絶えてしまう。

カテゴリ:ビジネス

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog