こだわりのビジネス・アルバイト・転職


記事の内容

前へ | 次へ

調理師免許試験問題分析
2011/10/28 05:32

公衆衛生学は、感染症や生活習慣病についての予防知識です。
食品学は、食品の種類や分類、その食品の成分についての科目で、調理師免許試験では難しい科目です。
今回は調理師免許試験の問題内容と、出題傾向を確認していきましょう。
次に衛生法規で、国民の健康維持や向上のために守らなければならない法律です。
調理師免許試験においての出題割合は全体の約5%といった感じです。
調理師免許試験での出題割合は食文化概論と同じく、約5%です。
出題割合は全体の20%となっています。
最後に調理師免許試験で一番出題される調理理論なのですが、調理の技術や知識、調理器具、献立作成などを問われます。
食品衛生学は、食中毒に関する知識や予防法、食品の安全性を保つための知識が問われる問題です。
現代人に不足されがちなミネラルなど、健康な体を維持するのに必要な栄養素も調理師免許試験では出題されます。
例えばみかんは果物であり、ビタミンCが豊富に含まれている、といった具合です。調理師免許試験は、なかなか骨が折れる問題ばかりです。
出題割合は30%と高く、この科目が基本となります。

調理師免許試験では出題される割合を参考にし、がんばって合格しましょうね。

カテゴリ:ビジネス

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog