こだわりのビジネス・アルバイト・転職


記事の内容

前へ | 次へ

第2新卒の転職状況
2011/12/24 15:01

私を含めて、そんな風に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、第2新卒者は増加傾向にあるということも聞いたような気がします。
確かに十数年他社で働いていると、自社の環境に馴染むかどうかというリスクもありますからね。
それでも、比較的短い期間で離職、そして転職を決意し、第2新卒となっているわけですね。
第2新卒者は、これからもっと社会的に認知されていくことになるのかもしれません。
もちろん、新卒の段階で、天職を見つけられる人がいるのならば、それは素晴らしいことです。
ですから第2新卒として雇用される年齢は、新卒とほぼ変わらないのです。
他の中途採用者と区別するために、第2新卒という名称で呼ばれるようになったということかもしれません。
第2新卒者の転職が今より受け入れられるようになれば、若い働き手としても選択が広がることになるでしょう。
そして、大体一年から二年の間に、新たな企業や、職種などへ転職する場合、第2新卒と呼ばれることになりました。
就職先を求めているという点では同じですが、通常の新卒者と第2新卒者は、少し事情が異なるようです。
新たな若い働き手として、第2新卒は注目されています。

第2新卒という言葉の意味を知ったとき、私はこんなふうに思いました。

カテゴリ:ビジネス

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog