こだわりのビジネス・アルバイト・転職


記事の内容

前へ | 次へ

国家資格難易度と弁護士の数
2012/02/20 00:31

ようするに、嘗て誰でもが受験出来た時代の旧司法試験と、今の新司法試験では、国家資格難易度も、合格者の数もそれほど大きくは変わってないという事だと私は思いますね。
毎日どこかしらのテレビやラジオに、どこかしらの弁護士が出ているように見えるのは私だけでしょうか。
されど、実際には流石は国家資格難易度超ハイレベルなだけあって、司法試験の合格率は、嘗ては3パーセントから4パーセントだったんですよね。
にも関わらず、やたらめったら弁護士が多く見えるのは、きっとそれだけ皆さんが精力的に動き回っているからなのではないかと私は思います。
結果、旧司法試験時代に比べて、受験者数が大幅に減少していると見られます。
しかも、例え司法試験に合格しても、その後司法修習所に入り、そこで約1年間の司法修習を受けたのち、司法修習試験を突破しなければ弁護士にはなれません。
今はそんな旧司法試験から新司法試験に代わり、年によっては40パーセントを超える合格率が記録されてはいます。
やっぱり国家資格難易度の持つ価値というのも手伝って、絶大の人気を誇っています。

国家資格難易度の高さは、ある意味、その職業の難易度の高さとも言えるでしょう。

国家資格難易度というのは、このように受験者数や試験の流れなどによっても大きく異なって来ます。国家資格難易度で言えば、恐らくトップクラスに該当するでしょう、司法試験。
これでは国家資格難易度トップクラスと言えないじゃないかっという気もしますよね。
国家資格難易度超難関の司法試験の事をはじめ、様々な情報を提供してくれているので、気になる方は一度読んでみられるといいでしょうね。

カテゴリ:ビジネス

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ