こだわりのビジネス・アルバイト・転職


記事の内容

前へ | 次へ

退職推奨に関する法律
2013/02/03 10:31

また、退職推奨に応じると、失業給付日数が長くなるなどの様々なメリットがあるので、悪いことばかりではありません。
いわゆる法律的に、退職勧告を認めた措置が退職推奨であり、その行為そのものは、違法ではありません。
手段や方法が社会通念上、相当性を欠く場合は退職推奨は、法律の上では、行為そのものが、違法に該当することになります。

退職推奨が成立すると、正当な理由があると法律は認めるので、自己都合扱いではなく、会社都合扱いの退職となります。
いかなる場合も退職推奨に応じる義務はない、とするのが、法律の上での見解になります。
要するに、退職推奨をされた場合は、それなりに、労働者側は、対策を練っておかなければなりません。
使用者が労働者に対して、合意解約を迫るのが退職推奨になりますが、これはあくまで申し込みの誘因に過ぎません。
ただ、強引に退職推奨を押し切られて、退職届を提出すると、自己都合扱いになるケースがあるので、注意しなければなりません。
使用者からの一方的な労働契約の解除が解雇ですが、退職推奨は、単なる使用者の契約解除の申し込みにすぎません。
労働者が応じる合意退職が退職推奨で、これに労働者が応じて退職した場合は、法律上、合理的に成立するのです。

カテゴリ:ビジネス

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ