こだわりのビジネス・アルバイト・転職


記事の内容

前へ | 次へ

退職推奨のトラブル
2013/02/08 11:21

そうしたことを会社側は退職推奨をする際、承知しておかないと、後で大きなトラブルに発展します。
しかし、実際は、退職推奨に関しては、トラブル事例がいくつもあり、皆無ということは決してありません。
つまり、退職推奨をする時は、会社都合での離職者を出すことを会社側は認めなければならないのです。
会社側が強迫行為をすると退職推奨は、法律上、効力を失い、そこからトラブルに発展する可能性ガ高くなります。

退職推奨をする時は、それを行う上司や人事担当者の言動は、十分に慎まなければなりません。
また、労働者が退職推奨に応じて退職した場合、離職事由は会社都合になることを会社側は認識しなければなません。

退職推奨をする時は、会社からの提案内容を予め文書化しておくことが大事で、そうすることでトラブルを回避できます。
退職推奨を受け入れない労働者に対して、会社が執拗な勧奨をすることは、違法行為にあたり、トラブルになります。
退職金に関しては、退職推奨に労働者が同意しやすいよう、金額の上乗せを用意することも配慮する必要があります。
そうしたところまでいくと、退職推奨のトラブルは大きくなり、会社に損害賠償責任が生じることもあります。

カテゴリ:ビジネス

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered By FC2ブログ