FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兼業とは

昭和35年当時、兼業農家は、全国で約6割強に増えていて、その傾向をどんどん強めていきます。
つまり、普段は荷物の集荷や配達をしているのですが、お呼びが掛かかった時だけ、兼業として、引越し業者に早変わりするのです。
要するに、兼業化が進展することにより、個別経営そのものの問題点が浮き彫りになってきたのです。
そして、兼業といのうは、農業労働力を高める力となり、農業所得を増加する有効な手段となったのです。
兼業により、一戸当りの基幹労働力が、昭和35年では全国で1.94人だったのが、昭和50年には0.98人になっています。
また、兼業化の動きは、機械化とも密接で、そうした動きは、地域での農業構造をも変えていきました。兼業とは、すなわち、本業のかたわらに他の仕事をすることを指します。
兼業により、農家の労働力の減少が指摘されることになり、労働力聞題が顕在化していきました。
そして、兼業農家は、昭和50年代に入ると、実に8割以上に増加していったのです。
経営の展開に、兼業というものがどういう影響を与えるのかということを真剣に考える必要が出てきたというわけです。
最近では、兼業というと引越し業者なども話題になっていて、この場合、通常は運送業務なのですが、依頼があった時だけ引越しの業務をするというものです。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。