FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兼業はできない公務員

兼業は、公務員がすると、本来の職務がおろそかになるおそれがあるので、一般のサラリーマン以上に、厳しい処置があるわけです。
そして、家主というのは基本的に多忙なので、公務員が兼業でアパート経営をすれば、本業がおぼつかないことになります。
そして公務員の場合、特に兼業に対しては厳しく取り締まられていて、法律によってしっかりと禁止されています。
公務員の兼業によるアパート経営というのは、原則的に禁止されていると考えるべきで、それが妥当な見解とされています。兼業というと、一般のサラリーマンで会社勤めをしている人は、基本的には禁止されています。
しかし、営利を目的とする私企業というのは、公務員からすると、兼業行為とみなされるのです。

兼業は基本的に公務員の場合、法律でも禁止されていますが、絶対できないということはありません。
仮に公務員が、アパート経営の業務全てを管理会社や不動産業者に委託するなら、職務に支障がないので、兼業許可が降りるかもりしれません。
講演会の講師なども、公務員の兼業として取り扱われますが、この場合、正規の職務との利害関係を検討した上で、OKかどうかが判断されることになります。
アパートなどの不動産経営の兼業に関しては、公務員の場合、基本的には無理なので、許可申請する場合は、事前に専門家に相談する必要があります。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。