スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兼業許可申請

そのため、兼業を希望する者は、事前に許可申請をすることで、企業機密の漏洩などの恐れがないという条件で、認めているところが増えています。
実際、そうした事態に伴って、これまで禁止していた兼業を認める企業も出てきているくらいです。
ただ、兼業をするには、許可申請というものが必要で、その書式がどんなものかぐらいは、頭に入れておいたほうがいいかもしれません。
いわゆる兼業というのは、会社に在職しているにもかかわらず、他社でのアルバイトなどをすることを指します。
困窮をきたしている現状を踏まえて、許可申請により、兼業を企業も一部、認め始めたのです。

兼業は、苦しい社員の生計を助ける1つの手立てでもあることから、最近では、許可申請により、認める会社が多数でてきています。

兼業というのは、一般的には禁止されているもので、弁護士などもそうすることの合理性を示しています。
そうした会社では、就業規則の兼業禁止規定を緩和したり、一時凍結したりしているのです。兼業というと、最近している人が増えていますが、その理由は、経済状況の悪化によるところが大きいと言えます。
基本的には、兼業というのは認められないのですが、今の時代、本業への影響がなければ、許可しているところも珍しくなくなってきました。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。