FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本作家のアトリエ

私個人の体験としても、昔読んだ絵本作家の作品についてはよく覚えていますから、大人になった今でもふと手にとって見たくなる気持ちが分かるような気がします。
きっと、そういう大人が自分の子どもに、自分が昔読んでいた絵本作家の絵本を読み継いでいくんじゃないかなと思うんですが、どうなんでしょうか。
絵本作家のアトリエ第1巻には、太田大八、山本忠敬、小野かおる、佐藤忠良、加古里子、井上洋介、瀬川康男、赤羽末吉、山脇百合子、田島征三の10名が収録されるそう。
同じ絵本作家の作品が、2世代3世代と同じ本が読み継がれていくというのも、決して大袈裟じゃない気がします。

絵本作家といえば、この度、数々の作家の絵本を生み出したことで有名な福音館書店が創業60周年記念だそうです。
この60周年記念のために絵本作家のアトリエという単行本が出版されることになったそう。
今のところ絵本作家のアトリエは第1巻が刊行されており、聞くところによれば第2巻は2013年の春頃刊行されるようですね。
詳しいところは、色々と調べてみると出てくることだと思いますが、登場する絵本作家たちは、日本の創作絵本のごくごく初期から活躍した人ばかりのようなんですよね。
現在まで活躍している絵本作家もその中にはいますし、絵本や児童書に関心のある方や小さいお子さんをお持ちの方などには、ぜひオススメできると思います。
昔読んでいた作品を書いていた絵本作家のインタビューを読んでみると、作品への見方もまた変るかもしれませんし、読んでみると面白いと思います。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。