FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本作家の仕事内容

まあ音楽の世界で言えば、詞を書く作詞家と、曲を付ける作曲家がいるようなものですよ。
けれど、これは漫画家の世界における仕事内容でも言える事なのですが、決してそんな事はありません。
そこで、小さな子供が高い関心を示すような絵や物語が描けなければ、売れっ子絵本作家にはなれません。
最近は、自分の作ったストーリーに、海外のアーティストに絵を付けてもらって出版している絵本作家も多く見られます。絵本作家の仕事内容というと、やはり物語を作って、それに絵を添えてというのが一般的な流れです。
この子供相手という絵本の世界独特の仕事内容が、案外自分の運命を左右したりなんかもするそうですからね。
それに、音楽でも作詞から作曲、そして歌うまでを一貫して自分でやれば、それに伴う印税は全て自分のものでしょう。
ただし、やはりこのパターンで稼ぐには、かなりの絵の才能か、物語を作る才能がなければ厳しいのが現実。
何故なら、絵本はあくまでも子供、それも幼児を対象にしたものです。
この分業制を巧みに利用し、がっつり稼いでいる絵本作家も案外少なくないようです。
ただし、必ずしも絵が上手だから、あるいは物語を作るのがうまいから、いい絵本作家になれるとは限っていません。
そういう事も関連のブログやサイトにはあれこれ情報掲載されているので、皆さんも明日の絵本作家を目指してみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。