FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新卒就職状況

新卒就職というのは、昨今の状況を考慮すると、非常に厳しく、しばらくはそうした状況がまだ続きそうです。
学生のポテンシャルを見極める材料が限定されたことが、新卒就職の状況を変えたのです。
また、採ってみたけど物足りないとか、採用したのにすぐに離職したなど、企業側の新卒就職の状況を見ると、不満が続出しています。
現在の大学生は、ゆとり教育世代で、基礎学力の不足が懸念されていて、質の低下が企業が期待するほどに上がっていないことも新卒就職の状況に影響しています。
企業サイドから見た新卒就職の状況では、欲しい人材が十分に採れていない現状にあります。
採用活動が大学3年からスタートするようになってから、新卒就職の状況は変わりました。

新卒就職の状況の変化は、1990年以降、大きく変容していき、大学進学率は2009年には50%を超えることになります。
バブル期以前と比べると新卒就職の状況の変化は明らかで、採用時のハードルが格段に上がっていることは否めません。
また、採用の早期化も新卒就職の状況に関与していて、大学で何を学んだかという選考材料ができない状況を生んでいます。
これがいわゆる企業と学生のミスマッチで、新卒就職の状況は、こうした関係性が大きくクローズアップされています。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。