FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業トークで注意したいオウム返し

ところが反応が薄い場合であっても、意外とお客様が営業トークを聞いてくださっている場合が多いので、あまり心配しなくてもいいかもしれません。
しかしながらお客様が営業トークに対して、機械的にオウム返しをしている場合は、暗に断っている場合が多いのです。
しかしお客様が営業トークに対して、オウム返しを繰り返している場合であったならば、おそらくは売れないことでしょう。
営業トークが単調になっている場合に、お客様はオウム返しを始めるようですから、注意が必要です。

営業トークをしていて。
営業トークとオウム返しの関係を調べてみましょう。
こうしたことからもただマニュアル通りの営業トークではお客様がオウム返しで応えるようになってしまうのです。
こういうこともありますから、オウム返しが始まったのであれば、営業トークの方法を切り替えなければなりません。
お客様がオウム返しをせずに、積極的にその売りたいものへの質問をしてくださるように展開することも重要なのが営業トークです。
お客様が営業トークにオウム返しを行っている場合、熱心に聞いてくださっていると勘違いしやすいものです。
そこでオウム返しをお客様にされないように営業トークを行うためには、売りたいものへの興味を起こさせなければなりません。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。