スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職推奨とリストラ

会社の都合でこっちが辞めてあげるのが退職推奨であり、リストラとは違うことを労働者側は認識しなければなりません。
あまり要らぬ事を考えると、退職推奨されたことで、ストレスが大きく溜まるので、注意しなければなりません。
ただ、退職推奨をされた場合、簡単に退職届を書いてはダメで、よく考えて対処しなければなりません。
再就職後のエネルギーにするくらいの気持ちを持って、退職推奨に応じると、気分も随分と違います。
そうした意気込みを持てば、たとえ退職推奨で退職したとしても、今後の仕事を探す上で活力になります。
しかし、退職推奨をされた時は、落ち込んでも、それに反発したとしても、結局、解決にはなりません。
しかし、リストラというマイナスイメージを払拭し、退職推奨された時は、ポジティブに考えて、自らを奮い立たせることです。
リストラと違って退職推奨された場合は、すぐに退職届を書くと、自己都合退職になるので注意しなければなりません。
ほとんどの場合は、退職推奨されると落ち込んで、焦ってしまいますが、堂々と拒否する時は拒否していいのです。
退職推奨で辞めるときは、あくまでリストラされたのではなく、自分が会社をリストラしてやるという心構えが大事です。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。