スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職推奨された時の退職金

会社側が退職推奨をする場合は、それなりのルールが必要なので、労働者側は、安易に応じてはいけません。
退職金規定のある会社なら、退職推奨された時は、退職金にいくらか割増されるのが当然の措置になります。
通常、退職金算定基礎給×勤続年数×事由係数という計算式で支給額が決まるのですが、退職推奨の場合は、普通、それにプラスアルファされます。
そのことはくれぐれも会社に確認することが大事で、退職推奨されても、その確約が得られるまでは退職届は出してはいけません。
会社都合で退職推奨に応じれば、特定受給資格が発生するので、約1カ月後には失業給付が支給されることになります。
自己都合と会社都合では、退職金も大きく変わってくるので、退職推奨に応じる時は、会社都合になるよう交渉しなければなりません。
つまり、会社都合で退職推奨に応じることで、退職金、失業給付共に、増額されるというメリットがあるのです。
事業主の離職理由に異議ありと記せば、退職推奨についてハローワークが調べてくれ、会社都合に変更になることが多いのです。

退職推奨に応じる際、会社の思うようにしていると、自己都合になることがあり、結果的に退職金が少なくなることがあります。
辞めてほしい社員をリストアップして退職推奨をすることになるので、その際、退職強要することはよくあります。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。