スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職推奨と退職強要

あくまで、説得するだけなら良いのですが、退職推奨において、その方法が社会的相当性を逸脱した時は、退職強要になります。

退職推奨をするにあたって、婚姻、妊娠、出産などの差別的理由でそれを行使すると、退職強要に該当します。
退職を拒否しているにもかかわらず、何度も退職推奨をすることは、退職に追い込む行為となり、退職強要と判断されます。
もし、退職推奨の際に、退職強要をしたことが明るみに出ると、慰謝料の支払が命じられるケースもあります。
会社側が退職推奨をしつこくしてくるのは、社員を解雇させるためには、整理解雇の要件に該当する必要があるからです。
そして、退職推奨があまりにも執拗な場合は、内容証明郵便で断るという手段もあるので、覚えておくといいでしょう。

退職推奨については、某大手ゲーム会社でも話題になりましたが、あまりにしつこくすることで、退職強要に発展する例がたくさんあります。
もし、退職推奨の際、退職強要を少しでも感じたなら、すぐにでも弁護士や労働組合に相談することです。
まともな解雇理由が中々ないことから、解雇ではなく退職推奨によって合意退職に持ち込もうとするわけです。
会社側は、なんとかして退職推奨に応じさせようと躍起になりますが、簡単に退職の意思表示をしてはいけません。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。