スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職推奨される理由

そして、退職推奨をする際は、対象者に対して出頭命令をしてはダメで、拒否した時は、続けてはいけないことになっています。
労働者が退職推奨を会社から受けた時は、まず、その理由をきちんと問いただすことが大事です。
そして、退職推奨をする時は、対象者の自由意思を阻害するような言動は慎まなければなりません。退職推奨は、使用者が労働者に対して退職を促す行為に該当しますが、解雇のような一方的な雇用契約解除ではありません。
また、従業員が退職推奨に応じないと、社内で嫌がらせなどをするケースもあるので、要注意です。

退職推奨は、使用者からあまりにしつこく続く場合は、不当な行為として、労働基準監督署に相談することです。
これらの規定に違反して退職推奨をした場合は、その理由を問わず、退職強要とみなされることがあります。
その上で、会社がきちんと理由を説明し、退職金の増額などの優遇措置があった時に、退職推奨を検討すればいいのです。
企業の業績悪化や、人員削減する必要に迫られているという理由がないと、退職推奨をすることはできません。
使用者が労働者に退職の誘引をするのが退職推奨なので、一方的な雇用契約の解除ではありません。

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。